マルヒフラワーセンター株式会社

会社沿革

昭和21年初代 森川正明は、花得生花問屋(生家)に於いて生花卸業に従事する。
(マルヒ生花地方卸売市場)
大阪市北区曽根崎中1丁目46に於いて初代竹村音松が生花卸問屋を開設する。
(梅田フラワーセンター)
昭和27年3月椛蜊繪芸商会を設立。資本金200万円
(梅田フラワーセンター)
昭和31年4月会社所在地を大阪市北区小深町21番地に移転する。
(梅田フラワーセンター)
昭和37年8月初代 森川正明は花得生花問屋より独立して大阪市天王寺区大道1-12-14にて マルヒ生花問屋として開業する。
(マルヒ生花地方卸売市場)
昭和42年5月会社所在地を大阪市北区茶屋町38-45に移転する。
(梅田フラワーセンター)
昭和49年1月社名を変更して椛蜑花き地方卸売市場とする。
(梅田フラワーセンター)
昭和49年4月マルヒ生花地方卸売市場と改名する。
(マルヒ生花地方卸売市場)
昭和58年3月株式会社マルヒ生花地方卸売市場として法人登録する。
(マルヒ生花地方卸売市場)
平成元年3月初代 森川正明死去に伴い、森川和幸が代表取締役に就任する。
(マルヒ生花地方卸売市場)
平成6年1月社名を変更して株式会社梅田フラワーセンターとする。
(梅田フラワーセンター)
平成16年7月潟}ルヒ生花地方卸売市場と株~田フラワーセンターが合併し、マルヒフラワーセンター鰍ニ改名する。
鶴見花き地方卸売市場へ場内仲卸店としてマルヒフラワーセンター鶴見はなぽ〜とブロッサム店を開店する。